2008年07月23日

とうとう借りてしまった。

お金がなければ働けばいい。誰もが普通はそう考える。
しかし、ある水準以上の金額であればそうは行かない。

「モノを買いたい」といった衝動的なものなら「貯めてから」という選択をすればよい。
授業料・生活費は2年後3年後などとは言ってられない。それで頭が一杯だった。

お金がないから残業させてくださいなんて言って、「ではどうぞ」という事業者はいない。そんないい加減な事業は成立しないからだ。
ヤマトが働いていたのは深夜営業のレストラン。それが、24時間営業になるという。当然、そのままでは人は不足する。

チャンスとばかりに交渉したが、1日8時間以上の勤務は本部からダメだと言われている。これは8時間を超えた分には「手当て」が必要だからだそうだ。
更には週40時間厳守(労働基準法)に加え、アルバイトは週24時間以下での勤務が望ましいとのこと。
つまり国民年金の強制加入で、企業負担の大きい厚生年金加入希望者が続出したことを受けて、加入義務のない時間まで削減しようと言うのだ。実に企業である以上、お金にシビアにならざるを得ない。

そして20歳を迎えたのを機に「法律上の契約」が可能になったことで、とうとう借りてしまった。

借入先は武富士。平成元年のことであり、ヤマトにとって新しい元号は借金の始まりに過ぎなかった。
金額は30万円。滞納していた授業料は前後期分で60万円以上であり、足りなかったが、学務課へ行って事情を話し、前期分の一部納入として扱ってもらった。給料日には前期分残額を精算できた。とりあえず半年の猶予が出来たように思った。

この頃までは「お金がなければ相談する」という習性があった。
それがいつの頃からか「なければ借りる」になってしまった。
配達記録で届く「カード」に勝ち誇った気になったこともある。
それがいつの頃からか「今回は残念ながら・・」の紙キレに代わる。
posted by ヤマト at 07:36| Comment(2) | 多重債務への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。